氷の滝

170219-1.jpg
寒の戻りのあった気持ちの良い朝、吐竜の滝へ行ってみました。

170219-2.jpg
ところどころ凍っている箇所を見る事ができます。
それにしても、流れの勢いは日の当たる部分が増えるにつれ、増してきているように思えます。

170219-3.jpg
しぶきの激しさはもう春の気配を感じさせます。

170219-4.jpg

170219-5.jpg
"氷瀑"と呼ぶには極々控えめですが、それでも日陰の箇所にはまだまだ見事な固まりが見られます。

良く冷えた朝には、「寒いほどお得フェア」の他にもこんなご褒美が待っています。
お出かけの際は、暖かい服装と手ぶくろ、必ず滑りにくい靴でどうぞ!
2017.02.19 Sunday 11:53 | 季節の表情 | - | -

氷のリース(大)2017バージョン

170127-1.jpg
ようやく冬らしい寒さが戻って来た1月半ば、清泉寮本館前に待望の巨大氷のリースがお目見えしました。

170127-2.jpg
直径約2.4m、重さ約1トン、存在感あります。

170127-3.jpg
毎年リースの中には木の葉など自然の素材が閉じ込められていて、楽しませてくれていますが、今年は馬や牛やうさぎなど動物たちがモチーフのようですね♪
2017.01.27 Friday 15:33 | 季節の表情 | - | -

シクロクロス2017!

ドロップハンドルの自転車でどんな条件のコースも攻略してレースにしてしまう「信州シクロクロス」の第9戦がまたしても厳冬の萌木の村を舞台に開催されました。折も折、最強寒波が襲来しているさなかでのレースは、積雪こそ前回ほどもありませんでしたが、10時の第一レーススタート時はマイナス8.9度(寒いほどお得フェア発表)!
雪や氷や萌木の村特有のわがままなコース設定の他に、”厳しい寒さ”を敵に回した選手達。
難敵に果敢に挑んで行く姿をご覧下さい。

170115-1.jpg
スタート直前、一瞬の静寂・・・。

170115-2.jpg
雪を被った熊笹の森をひた走ります。

170115-3.jpg
かと思えば、自転車をかついでの階段昇り。

170115-4.jpg
自転車無しでも、この石段をこれほどまでに早く駆け上がった人を見た事がありません。

170115-5.jpg
そして最大の難所、歩いて降りるのさえ困難な崖。

170115-6.jpg
転倒、木に衝突は当たり前の光景。
それでも最短距離を選び、どんなに危険でもチャレンジし、一秒でも一ミリでも早くコースを突破していきたいのです。

170115-7.jpg
結果、頂点に立つ者だけが手にする事のできる喜び。
170115-8.jpg

170115-9.jpg
お約束、キッズカテゴリーのレースはいつもながら大人以上にエキサイトします。
この子たちのひたむきな頑張りの向こうに、また一つ上のステージで活躍しているシーンを、期待せずにはいられません。

オフィシャルサイト【信州シクロクロスミーティング】
http://www.shinshu-cyclocross.com/
2017.01.15 Sunday 21:18 | イベント会場から | - | -

氷のリース、登場!

image1.JPG
この冬も清泉寮前に、葉っぱや木の実をあしらった氷のリースがお目見えしました。

image2.JPG
年末年始、暖かい日が続いていたせいでしょうか、いつもより遅めの登場ですね。
ポールさんのところの大きなリースは、もうちょっと待ってね♪
2017.01.07 Saturday 11:09 | 季節の表情 | - | -

2017年賀正

170101.jpg

新年明けましておめでとうございます。
雲一つ無いおだやかな空を、初日が明るく照らしていきます。
本年も清里高原をよろしくお願いいたします。
2017.01.01 Sunday 08:12 | 季節の表情 | - | -

冬を彩る灯り

161222-1.jpg
今年も清里駅前の広場には、薪を積み上げて作ったオブジェに、日没からやさしい明かりが灯っています。

161222-2.jpg
"イルミネーション"と呼べるほどの煌びやかさはありませんが、その明かりが放つ光の分だけほっこり、暖かい気持ちにさせてくれます。
寒さ厳しい季節ですが、お立ち寄りの際は、しばし足を止めてご覧になって下さい。
2016.12.22 Thursday 09:08 | 季節の表情 | - | -

八ヶ岳、お酒とジビエの冬祭り2016

161127-1.jpg
今年も萌木の村広場において、高原に冬の訪れを告げる恒例イベント「八ヶ岳、お酒とジビエの冬祭り」が開催されました。
あいにくの空模様の中ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

161127-2.jpg

161127-3.jpg

161127-4.jpg

161127-5.jpg

161127-6.jpg

161127-7.jpg

161127-8.jpg

161127-9.jpg

161127-10.jpg

161127-11.jpg

161127-12.jpg

161127-13.jpg

またのお越しを関係者一同お待ちしております。
2016.11.27 Sunday 21:48 | イベント会場から | - | -

ポール・ラッシュ祭 八ヶ岳カンティフェア2016

161015-1.jpg
今年も始まりました。八ヶ岳南麓最大の収穫感謝祭「ポール・ラッシュ祭 〜八ヶ岳カンティフェア2016〜」!
開場と同時に、大勢のお客様が広い草原を埋め尽くします。

161015-2.jpg
午前10時のオープン間もなく、早々人気のブースには行列が!

161015-3.jpg
お馴染みロックの焼肉隊!今年も大量に骨付き肉を焼きまくり、会場内に美味しい匂いを元気を拡散します。

161015-4.jpg
もちろん他のグルメブースだって元気いっぱい!

161015-5.jpg

161015-6.jpg

161015-7.jpg

161015-8.jpg
若さあふれるこってりしたブースばかりではありません。心あたたまる味、地元のお母さんたちが作るおそば。

161015-9.jpg
野菜たっぷりの豚汁。

161015-10.jpg
チヂミもどこか懐かしい、ほっとする美味しさが好評。

161015-11.jpg
お腹いっぱいになったら、会場内で参加型のアトラクション、体験コーナーへGO!

161015-12.jpg

161015-13.jpg

161015-14.jpg

161015-15.jpg

161015-16.jpg

161015-17.jpg

161015-18.jpg
毎年この開場で合えるお馴染みのキャラクターがあっちにもこっちにも。
161015-19.jpg
キャラクター?でも「ありカレーってどこですか?」って聞かれるくらい、インパクト十分!

161015-20.jpg
天気にも恵まれて、いろいろな楽しみがぎゅっと詰まった二日間。
最後はステージの素敵な音楽が一つにまとめてくれました。
2016.10.17 Monday 12:00 | イベント会場から | - | -

八ヶ岳トラバース ロード&トレイルランニングレース2016

昨年までの「トレイルランフェスタ」から装いも新たに、プロデューサーに地元・北杜高校スキー部の山本監督を迎え、行きは八ヶ岳高原ラインの絶景を眺めながらゆったり下り、戻りは気持ちよいアップダウンが続く八ヶ岳横断歩道をトレイルランニング、文字通り、八ヶ岳南麓をトラバースするロード:トレイル=50:50のレースに生まれ変わりました。

161009-1.jpg
スタート時点ではあいにくの小雨模様。ウエットな路面がどのように影響するのか。

161009-2.jpg
しかい速い速い!ゴツゴツした不規則な大きさ、加えて雨に濡れた石だらけの林道を、舗装路と全く同じように駆け抜けて行きます!

161009-3.jpg
色付き始めた紅葉を横目に、さあ最後の上り坂へ!

161009-4.jpg
サンメドウズ清里スキー場のゲレンデでゴール!
今回は150名を越えるご参加がありました。皆様、お疲れさまでした!
2016.10.10 Monday 16:48 | イベント会場から | - | -

グランフォンド八ヶ岳2016

161002-1.jpg
今年で8年目を迎える日本国内でも屈指の本格山岳グランフォンド。今年はあいにくの雨模様のスタートでしたが、1400名を越える参加者の皆さんが元気に清里の森を走り抜けて行きます。

161002-2.jpg
天気はしかたありませんが、8箇所の各エイドステーションのおもてなしは例年にも増してパワーアップ!

161002-3.jpg
八ヶ岳南麓ならではのグルメと地域のボランティアの皆さんの温かさが旅の疲れを吹き飛ばしてくれます。
161002-4.jpg

161002-5.jpg

161002-6.jpg
りんご畑の横を走り、

161002-7.jpg
コスモスの咲き誇る街道を巡り、

161002-8.jpg
葉の色付きを見つけた駅前通りでラストスパート、

161002-9.jpg
そしてゴールは誰よりもかっこよく!
皆さん、お疲れさまでした。
2016.10.09 Sunday 22:05 | イベント会場から | - | -