今年も清里へお越し下さい!(2012・春)

NPO法人清里観光振興会、新会長・小林より新年度のごあいさつをさせていただきます。

2012.04.10 Tuesday 13:12 | 清里観光振興会より | - | -

東日本大震災から丸一年に寄せて

2011.3.11東日本大震災からちょうど一年、節目のこの時に、NPO法人清里観光振興会を代表して、会長・小須田稔よりごあいさつさせていただきます。

2012.03.11 Sunday 09:21 | 清里観光振興会より | - | -

「フットパス」コース下見会より(3)

お馴染みとなった「清里・八ヶ岳南麓魅力づくり協議会」ワーキンググループによる「フットパス」マップ作りコース下見現地踏査、今年はこれが最後となります。最後はキープ協会の管轄する博物館三館を巡るコース。
111213-1.jpg
スタート地点の「八ヶ岳自然ふれあいセンター」には、八ヶ岳の自然の情報や森の楽しみ方がいっぱい詰まっていました。正直地元民ほど、目からうろこです。動物たちのお尻の話やらエビフライの話、角の重さ体験などなど、興味のある方はぜひ現地で詳しくご覧になって下さい♪

111213-2.jpg
お次は「やまねミュージアム」なのですが、せっかくなので森のトレイルコースに沿っていろいろ見て歩きながら移動してみます。ちなみに、森林の中でのウォーキングには血圧を下げる(安定させる)効果があるとされているそうなので、参加者のうち数名はセンター出発時に測定をしています。

111213-3.jpg
早速(?)森の中に入った途端具合が悪くなっているわけではありません。これはモミの木の葉の香りをかいでいるところです。リフレッシュ効果を体感してみましょう。

111213-4.jpg

この季節ならではのお楽しみ!
雪の上に残された野生動物たちの足跡。この日見つかったのは地面にエサを拾いに降りて来たリスかな、テンかな、シカのものもありました。

天然のドライフラワーもそこかしこで見る事ができました。
111213-5.jpg

111213-6.jpg
半分ドライフルーツ化していたヤマブドウ。みんなで試食してみると、意外にも美味!森の生き物たちのおやつをお裾分けしてもらいました。

111213-7.jpg
寒くて手がかじかんでいるのではありません。これは草笛にチャレンジしている図。初めての人でもコツをつかめばすぐに鳴らせます。

111213-8.jpg
ひとしきり森の中を楽しんだあとは、「やまねミュージアム」を見学。運が良ければ冬眠しているやまねちゃんの寝顔をのぞく事が出来ます。あと年明け早々活躍しそうですが、やまねは元来木から落ちないらしく合格祈願にご利益があるとされているのだとか。館内には専用の小さな祠(ほこら)があります。来れ、受験生諸君!

111213-9.jpg
続いて「ポール・ラッシュ記念センター」。こちらでは暫し清里の歴史について思いをはせてみては。なお、ひじょーに静かな環境にありますので特にこの季節、窓の外にたくさんの鳥たちがやってくるのは見逃せません。

111213-10.jpg
シメは清泉寮ジャージーハットで名物のソフトクリームを。今日は日差しも暖かだったので、ソフトクリームの冷たさは喉にジャストミート。多少寒い日だったとしても、デッキの"足湯"につかりながら、贅沢にいただいても良いのでは?

今回の博物館巡りは年間を通してお楽しみいただける設計になっています。冬には冬の、また夏には夏の表情を見つけに足を運んでみて下さい。
年明けはスノーシューのコース巡りが待っています。たくさんのご参加をお待ちしています!

【清里フットパス】
http://kiyosato-footpath.hokuto-retreat.jp/
2011.12.13 Tuesday 15:43 | 清里観光振興会より | - | -

一年間ありがとう!

111123.jpg
11月23日(祝)の清里は、午後からあいにくの雨模様。そんな中、清里ピクニックバスは今年も全日程を無事に終えることが出来ました。
ご利用いただいた大勢の皆様、本当にありがとうございました。
二台の車両はこれから今年一年の疲れをとって、来年4月のシーズン到来までしばしの休養に入ります。
ちょっとの間さみしくなりますが、ご利用の皆様により楽しんでいただけるようなコース設定等を検討し、パワーアップして戻ってまいりますので、ぜひ来期もピクニックバスをご愛顧下さい!
2011.11.23 Wednesday 21:26 | 清里観光振興会より | - | -

「フットパス」コース下見会より

111027-1.jpg
秋晴れの下、「清里・八ヶ岳南麓魅力づくり協議会」ワーキンググループによる「フットパス」マップ作りコース下見現地踏査が、サンメドウズ/美し森をメインに催されました。
今回も八ヶ岳歩こう会の多賀氏をはじめとするエキスパートの皆さんのお話を伺いながらの楽しいコース散策、サンメドウズのリフトに乗っていきなり山頂からのスタートです。

111027-2.jpg
山頂に設置されてある"願掛けアトラクション"が以外にも大ウケでした。普段は神頼みなどしない人も、この絶景に囲まれるとチャレンジしてみたくなってしまうのかも...。

111027-3.jpg
思いがけず希少な動植物にも会えてしまうことも。まだ数歩も歩いていないのに。

111027-4.jpg
山頂から5分足らずの「賽の河原」。迫り来る峰々の存在感に圧倒されるも、全ての気持ちを落ち着かせてくれるような深い八ヶ岳ブルー。風もなく、不思議な空気感にみちたフィールドでした。

111027-5.jpg
しばらくは笹の薮に覆われ大小の石が不規則に足場の自由を奪う険しい下り坂を皆無言で降りて、「羽衣の池」へ。

111027-6.jpg
神代の昔より語り継がれているエピソードやルーツについて話を伺っていると、形に特徴のある木々の枝にも精霊の痕跡があるように思えてくるから、楽しいですよね。

今回はおよそ4.4km、ゆっくり2時間半のコースでした。見所満載ですが、軽登山ぐらいの準備は必要かも知れませんね。ややハード。
今後は同じコースも含めたスノーシューの特集や、大門ダム周辺を新たにピックアップしてコース作りしていく計画もあるそうです。興味のある方はぜひ下見会にご参加ください!

【清里フットパス】
http://kiyosato-footpath.hokuto-retreat.jp/
2011.10.27 Thursday 21:00 | 清里観光振興会より | - | -

『フットパスコース』下見会より

110830-1.jpg
8月30日(火)清里・八ヶ岳南麓魅力づくり協議会(リトリートの杜 事務局内)が提案する八ヶ岳南麓・清里高原の魅力あふれるウォーキングコース【清里フットパス】の新たなコースの下見会が行われました。本日のルートは清里駅前をスタートし、吐竜の滝〜キープ自然歩道〜アンデレ教会前〜ゴール清里駅のおよそ2時間半(休憩含む)のコース。

110830-2.jpg
ふれあいセンターの方や八ヶ岳歩こう会のガイドさんにコース上の注意点・留意点を伺い、新たなマップ制作に意見を反映していただきます。

110830-3.jpg
先日の豪雨による増水で吐竜の滝付近も影響が出ていました。実際に歩いて、そして見てみないとその変化には気づかないものですね。

110830-4.jpg
コースにはまだまだ水が残っていて歩きづらさも感じられましたが、湿り気があったからこそクッキリとわかる「動物たちの足跡」。トレッキングの楽しみ方は無限ですね。
110830-5.jpg

110830-6.jpg
森林コースから突然開ける緑の牧草地、遠くには茅ヶ岳の勇姿と背負い込んだ雲の上に富士の頂き。
ここへ至るまでの適度な疲労感が、向かい風をなおのこと壮快に感じさせてくれます。

110830-7.jpg
様々な見所や季節によって変わる表情、イベントにグルメ、そして地元の人にしかわからないプチ情報etc...、コースの長さや位置関係は変わらずとも、皆さんのご意見やちょっとしたアドバイスで、身近なウォーキングコースの魅力が数倍アップする可能性もあるでは?と思わせてくれるような、収穫の多い下見会でした。
ぜひとも、次回開催の際には地元のいろいろな分野からのご参加をいただいて、もっともっと活発なご意見を交わしつつ素敵なコースマップを作り上げていきたいものですね!



清里・八ヶ岳南麓魅力づくり協議会【清里フットパス】
http://kiyosato-footpath.hokuto-retreat.jp/
2011.08.30 Tuesday 21:15 | 清里観光振興会より | - | -

シートにおざぶが!

pb1.jpg
この写真は、先月末にちょこっとだけリニューアルを遂げた清里ピクニックバスの写真です。
どこが変わったか、わかりますか?
そう、今までの木のイスだけだったところに、マットが敷かれたのです。

pb2.jpg
写真の左が変更前、右が変更後。
「長い時間座っているには少し痛い」とか「つるつるしていて滑る」などのご意見をもとに、このたび「おざぶ」を用意してみました。結構座り心地いいですよ!
2011.08.02 Tuesday 13:54 | 清里観光振興会より | - | -

コナシの植樹

「がんばれ日本!清里プロジェクト」第二弾でお越しの皆様が、5月20日(金)から22日(日)の予定で清里にご滞在されました。
初日・二日目と夏を思わせる暑い日が続きましたが、迎えた最終日はあいにくの天気。最後に予定されていた「コナシの苗木の記念植樹」の頃には雨が落ちてきていました。
110522-1.jpg

110522-2.jpg

110522-3.jpg
コナシの白い花には「追憶」の意味が込められているそうです。
コナシが大きく成長するように、哀悼の意を忘れる事無く、支援や助け合いの輪をもっともっと広げていければと考えています。

110522-4.jpg
お元気で、またのお越しをお待ちしています。
2011.05.22 Sunday 14:18 | 清里観光振興会より | - | -

「寒いほどお得フェア」取材

清里観光振興会・企画広報部では清里へ訪れるお客様が増加傾向にある東海地方へプロモーションをかけるため、昨年秋に名古屋のテレビ局に「冬の清里のイベント及び楽しみ方」を紹介してきました。その結果、中部日本放送(CBCテレビ)情報番組「花咲かタイムズ」(土曜日午前9:25放送)から取材の依頼があり昨日(25日)「寒いほどお得フェア」の現地ロケを行なってきました。昨日の10時の実際の気温−3.8℃ 30%offという設定で飲食、ショッピング、体験、宿泊の各カテゴリーから数店舗だけですが取材させていただきました。この取材のオンエアは2月5日(土)AM9:25〜となります。東海地方にお住まいの方はぜひご覧になってください。そしてぜひ冬の清里に訪れて、寒ければ寒い程素敵な自然体験、景色、お得感を味わってみてください。

P1060148-2.jpg
2011.01.26 Wednesday 14:45 | 清里観光振興会より | - | -