八ヶ岳、お酒とジビエの冬祭り2015

151129-1.jpg
11月の最終日曜日、今年も萌木の村広場の中央・焚き火を囲んで、お酒のジビエの冬祭りが開催されました。

151129-2.jpg
美味しい湯気と煙と、でっかい鹿のもも肉の丸焼きがインパクト十分に出迎えます。

151129-3.jpg
ジビエと言ったらワイン、県内のワイナリー各社がおすすめの新酒を持ち寄りました。
今年は特にワインが盛況でした。
151129-4.jpg

そしてプチホテルグループのホテル・シェフたちが腕によりをかけて作ってきた、特製のジビエ料理の数々。鹿やイノシシ、鴨などの狩猟肉がおしゃれなオードブル&ボリュウム満点のランチメニューに!
151129-5.jpg

151129-6.jpg

151129-7.jpg

151129-8.jpg

151129-9.jpg

151129-10.jpg
こちらはサービスメニューのご存知マシュマロ焼きと、一口サイズのジャガイモ焼き。
151129-11.jpg

151129-12.jpg
ピエールも各テーブルと渡り歩いてパフォーマンス♪

151129-13.jpg
記念にトナカイのオブジェ、ご自分で作られましたよ!

151129-14.jpg
イベントの締めは何と言っても「解体実演」。ショーではありません、ちゃんと食材として生まれ変わる動物たちへの感謝と、その過程の大切な儀式を学びます。
小さい子供たちも熱心に見入っていました。

ジビエ祭りが終わると、木々の陰が長くなり、清里にも本格的な冬が訪れるのです。
2015.12.01 Tuesday 15:30 | イベント会場から | - | -

清里駅前フェスタ2015

151102-1.jpg
11月1日(日)
清里の駅前通りを、萌木の村のゆるキャラ・もえすけと一緒に元気な子供たちが練り歩きます。
快晴の下、「清里駅前フェスタ」の開幕です!

151102-2.jpg
子供たちはみんな、顔や腕などに楽しいフェイスペイントをしてもらいました。(※乾くとはがせます)

151102-3.jpg
商店街のお店におじゃますると、お店の人からお菓子をたくさんもらいました♪
今日だけの、子供たちへのうれしいサービスです。
ちなみに、今日だけ限定で24のお店で特別メニューやサービス価格などのご提供があり、お店巡りをする楽しさがぐんと増しましたね。

151102-4.jpg
会場内では、朝市でおなじみのお店の他に、マシュマロ焼きや、

151102-5.jpg
特製豚汁の無料サービスもあり、たいへん人気でした。

151102-6.jpg
蹄鉄投げに特大ノコギリの丸太切り、清里のお祭りに欠かせない風景ですね。
清里の子供たちは皆これを経験して大きくなっていきます。
151102-7.jpg

151102-8.jpg
イベントのシメは大じゃんけん大会。
地元北杜市の採れたて野菜をかけて勝負します!

151102-9.jpg
見事!じゃんけんに勝ったらお好きな野菜を持ち帰ってください!白菜がいいな!
駅前に音楽と楽しい歓声がずっと聞こえている一日でした。
2015.11.02 Monday 16:14 | イベント会場から | - | -

私のカントリーフェスタin清里2015

151026-1.jpg
国内最大級の雑貨&カントリーの祭典「私のカントリーフェスタin清里」が、今年も萌木の村を舞台に開催されました。

151026-2.jpg
二日間とも快晴、よってこの賑わいです!

151026-3.jpg

151026-4.jpg

151026-5.jpg
お客様の数もスゴイ!だからお食事ブースの数も当然スゴイ!いつもは見る事の無いお店もズラリ。

151026-6.jpg
お買い物だけじゃつまらない、自分好みのデザイン、世界に一つだけの一品を作ってちゃおう!

151026-7.jpg

151026-8.jpg

151026-9.jpg
アトラクションも充実!生演奏、ファッションショーに抽選会、etc...

151026-10.jpg
白菜をかけてのジャンケン大会にも大行列が!
楽しい’二日間でしたね。
2015.10.26 Monday 21:17 | イベント会場から | - | -

八ヶ岳ロードレース2015

151025-1.jpg
今年で36回目を数える秋の恒例イベント『八ヶ岳ロードレース』が、紅葉に彩られた八ヶ岳横断道路を舞台に開催されました。
この秋一番に冷え込んだ朝、吹き下ろす風も冷たく、スタート前のコンディション作りに、各選手苦心されたのではないでしょうか。

151025-2.jpg
しかしスタートの号砲とともに八ヶ岳の森の中を快走するランナーたちにそんな心配は微塵も感じられませんでした。
151025-3.jpg

151025-4.jpg

151025-5.jpg

151025-6.jpg
感動のゴール!もてる力の全てを出し切った人、あえなくベストに届かなかった人、パートナーとの絆の大切さを改めて確かめた人たち、形はそれぞれ違えど、ゴールラインの先で安堵の表情を浮かべる皆さんの額には、汗が宝石のように輝いていました。
2015.10.25 Sunday 21:42 | イベント会場から | - | -

ポール・ラッシュ祭 八ヶ岳カンティフェア2015

151018-1.jpg
実行委員長の豪快なキックで、今年の「ポール・ラッシュ祭 八ヶ岳カンティフェア」が開幕しました。

151018-2.jpg
分厚い雲、時おり小雨のぱらつくあいにくの空模様でしたが、熱心なファンの皆さんが早くからかけつけて下さいました。

151018-3.jpg
身体を中から温めようと、威勢の良い声と湯気の立ち上るお食事ブースが早くも行列でした。

151018-4.jpg

151018-5.jpg

151018-6.jpg

151018-7.jpg
子供たちは天気なんかどうでもいいんです。会場内、楽しめる場所を求めてどんどん移動していきます。

151018-8.jpg

151018-9.jpg

151018-10.jpg



151018-11.jpg
明けて二日目は、八ヶ岳ブルーに包まれた快晴!

151018-12.jpg
市況を反映してか、野菜は飛ぶように売れて行きます。

151018-13.jpg
時間を追うごとに気温もぐんぐん上がり、ヤギも日陰にエスケープ。

151018-14.jpg
暑くなったおかげで地ビールは、、、やっぱり大忙しのホクホク顔ですね。

151018-8.jpg
こちらは名物ロックの焼肉隊。真っ黒になってお肉を焼き続けます。

151018-15.jpg
ジョンディアのヘイライドも気持ちいいこと。

151018-16.jpg
今日のステージの目玉はアメリカ空軍太平洋音楽隊アジアのピクニックコンサート。かっこよかったー!

151018-17.jpg
振興会の広報ブースにも多くお立寄りいただき、ありがとうございました。
2015.10.19 Monday 09:34 | イベント会場から | - | -

八ヶ岳トレイルランフェスティバル2015

151011-1.jpg
今年3年目を迎える「八ヶ岳トレイルランフェスティバル」(10/11・12)、初日は小雨まじりで時おり突風が木の葉を散らすあいにくの天候でしたが、雨なぞには怯む事を知らない参加者が、ゲレンデ内リレーやフットパスウォーキングに軽い汗を流していました。

151011-2.jpg

151011-3.jpg

151012-1.jpg
明けて二日目、メインイベントの朝は快晴!少し風はあるものの、見渡せる山々その全ての稜線がクリアーな正にトレイル日和です。

151012-2.jpg

151012-3.jpg

151012-4.jpg

151012-5.jpg
途中、足を止めて初冠雪の富士山や北岳の勇姿を写真に収めるランナーも多数見られました。
2015.10.12 Monday 11:56 | イベント会場から | - | -

グランフォンド八ヶ岳2015

151004-1.jpg
雨中の大会となった昨年とは打って変わって、スタート地点の清泉寮前に明るい朝日が降り注ぎました。

151004-2.jpg
夜明け前から入念なスタンバイをしていた選手たちが、スタートラインに行列を作ります。最後尾はもう、確認できません。

151004-3.jpg
スタート!秋の南麓路を1700台が走り抜けていきます。

151004-4.jpg
名勝・赤い橋を、

151004-5.jpg
コスモスの花に飾られた街道を、

151004-6.jpg
かと思えば、先の見えない急な上り坂を、ただただストイックなまでに自らを追い込んでペダルを踏み続けます。

151004-9.jpg
そんな時、のどかな牧場の景色や、

151004-7.jpg
地元のお父さん・お母さんたちのもてなしに、ほっと一息つけるのでした。
151004-8.jpg

151004-10.jpg
そして全ての力を出し尽くした先に見えるゴールライン、皆いい笑顔でした!
2015.10.11 Sunday 14:13 | イベント会場から | - | -

清里ウィスキーフェスティバル in 萌木の村

151005-1.jpg
バグパイプの生演奏をとともに幕を開けたのは、今年清里では初開催となる『清里ウィスキーフェスティバル』。スコッチ文化研究所と萌木の村との共同主催によるイベントです。

151005-9.jpg
10月3日(土)・4日(日)の2日間にわたった催しでしたが、両日とも爽やかな秋晴れの陽射しの下、熱烈な多くのファンの方々が集まり、たいへん盛り上がりました。

151005-2.jpg

151005-3.jpg

151005-4.jpg

151005-5.jpg

151005-6.jpg
無料の試飲コーナーの他にも、ゲームやミュージシャンの演奏等アトラクションも充実。
151005-7.jpg

151005-8.jpg
ウィスキーファンならずとも注目するカリスマの皆さんのセミナーやトークライブにも、多くの方々がつめかけていました。

http://www.moeginomura.co.jp/whiskyfes/
2015.10.05 Monday 09:37 | イベント会場から | - | -

大人のソト遊び! in 八ヶ岳高原

150926-1.jpg
今年初開催となる牧場通りの新たなイベント『人のソト遊び! in 八ヶ岳高原』の"種火"となる聖火が入場!

150926-2.jpg
会場中央の焚き火に火入れをして、2日間にわたるイベントの開会を高らかに宣言しました。

150926-3.jpg
チェーンソーアートの実演。
他にもアウトドアファンにはたまらないこだわりのショップが多数オープンしていました。

150926-4.jpg
焚き火グルメはとにかくダイナミック!ジビエがお得意なオーベルジュ・オーナーが猪や鹿を次々に料理していきます。

150926-5.jpg
日も暮れて、これからがソト遊びの本番!?

150926-6.jpg
暗い森の中で、大人たちは火を前にすると、子供になってしまうんですね。
どんどんテンションが上がっていきます。

150926-7.jpg
星のソムリエによる星空観察会。火の周りに集まる人たちは皆ロマンチストなのです。

150926-8.jpg
音楽といったらジャズ。しかも生演奏です!

150926-9.jpg
お酒がすすみます。サントリーさんをはじめ、地元の酒屋さんも大忙しでした。
もちろんお酒以外にも、秋の夜長を楽しむバラエティーに富んだアイテム・グルメがたくさん揃っていて、お日様の下のイベントにはない盛り上がりを見せていました。
150926-10.jpg

150927-1.jpg
明けて2日目。
日中のイベントも草原を舞台にした楽しい催しが目白押し。
こちらはツリークライミング。本格的な木登りです。

150927-2.jpg
清里ではもうメジャーな「セグウェイ」。会場脇の原っぱを快走します。
言うまでもなく、皆さん初めての方ばかり。

150927-3.jpg
この日もお料理は焚き火を使って豪快に。一度に30人前のパエリア!

150927-4.jpg
昨晩とはうって替わって、お子様連れも多く参加されて、秋のピクニック気分を楽しめるイベントになっていました。大人も子供も楽しめたソトのお祭り、定着しそうですね。
150927-5.jpg
2015.09.28 Monday 09:56 | イベント会場から | - | -

第26回 清里フィールドバレエ

2015-1.jpg
この夏も、恒例の「清里フィールドバレエ」が萌木の村にて7/30〜8/11の日程(8/3、8/6休演日)で開催されました。
今年、会場に初お目見えしたバレエモチーフの"顔はめ"。予想以上に大人気でした。たぶんですが、この看板にお顔をはめられた皆さんの写真が、とてつもない数で拡散していることでしょう。

2015-2.jpg
バレエモチーフといえば、今年もオリジナルのテディベアやバレリーナを象ったアクセサリーなどのグッズが好評でした。
2015-3.jpg

2015-4.jpg
こちらは毎年出演ダンサーの皆さんがデザインされるオリジナルTシャツで、コアなファンを持つアイテムです。(それに紛れてスーパーマンTシャツも売られていました)

2015-5.jpg
バレエ鑑賞のお供は美味しい広場グルメ。今年もスペアリブや地元産の焼きとうもろこしの香りに皆そそられていました。

2015-6.jpg
サングリアやホットレモネードもおしゃれでなかなかの人気。

2015-7.jpg
ステージは言うまでもなく連夜、最高のパフォーマンス。

2015-8.jpg
そんな中、次代を担うダイヤの原石たちが早くも輝きを放っていたことは嬉しい限りです。
もっともっと磨かれて、このフィールドに戻ってきて下さい!

2015-9.jpg
感動のステージは続きますが、、、、

2015-10.jpg
最後の最後にドラマが待っていました。
8月11日、21時。目の前が霞むほどの強い雨に見舞われ、やむなく中止の決断。
これも全ては八ヶ岳の自然をそのまま舞台に作り上げているからこそ。
星空や、月明かりや、幻想的な霧など、予測不可能な演出効果を得られる反面、雨という難敵からは逃れられないリスクも併せ持っているのです。
今年に限っては、最終日のフィナーレにそのタイミングが訪れてしまいました。
しかし、フィールドバレエは来年もまた続きます。
もっともっと素敵なステージとなって、多くの皆様のお越しをお待ちしています。
ご鑑賞いただきました皆様、そして舞台を作り上げる為にご協力いただきました多くの皆様、本当にありがとうございました。
2015.08.12 Wednesday 17:36 | イベント会場から | - | -