八ヶ岳オーロラ伝説2014!

140111-1.jpg
冬の八ヶ岳周辺の魅力を発信する『八ヶ岳天空博覧会』、そのキックオフイベントとなる「八ヶ岳オーロラ伝説2014」が、今年も丘の公園ゴルフコースを舞台に開催されました。

140111-2.jpg
メインのレーザーショーが準備されている間、高根ふるさと太鼓の演奏やお馴染み・甲斐の国小粋のヨサコイソーラン、そして特別ゲストとして招いた伸太郎さんのソロライブが花を添えます。

140111-3.jpg
時間の経過とともに気温もぐんと下がってきましたが、振興会ブースでサービスされる名物"オーロラティー"が今年も大好評!冷えた身体を芯からあっためてくれます。舩木良さんのかけ声でよりホットになります!

140111-4.jpg
いよいよゴルフ場の特設会場でショーの開演!やわらかなグリーンの光が浮かぶその先に見えるのは遠く韮崎市の夜景?

140111-5.jpg
澄み渡った空気の中、蘇った伝説の光は周囲の木々を照らし出します。

140111-6.jpg
そして色が色を呼び、

140111-7.jpg
流れる曲がクライマックスへと上り詰める頃、ありとあらゆる光が洪水となって、観客の皆さんを飲み込んでいくようでした・・・。


【八ヶ岳オーロラ伝説2014】
2014年1月11日(土)・1月12日(日)
会場:丘の公園清里ゴルフコース

http://yatsugatake-ga.com/tenkuhaku/Auroralegend.html
2014.01.11 Saturday 21:13 | イベント会場から | - | -

八ヶ岳自然ふれあいセンター「8つのチャレンジ!」

山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターの開館18周年イベント『八ヶ岳にちなんだ8つのチャレンジ』が11月30日(土)・12月1日(日)の2日間開催され、お子様連れを中心にたくさんの参加者の皆さんで賑わっていました。
131201-1.jpg
チャレンジメニューの一つ「鹿の角、8本同時にもてるか?!」
意外に重いんです。

131201-2.jpg
「ヤマネ&リスに変身!」

131201-3.jpg
「コースター作り」
ほとんどの参加者の皆さんがノコギリ初体験!

131201-4.jpg
みんなのお目当てはこれ!「2899mmの八ヶ岳ロングクッキー作り」
こねた生地を太い青竹に巻き付けていきます。

131201-5.jpg
焚き火の上でじーっくり焼きます。

131201-6.jpg
いい色になってきました!(黒いつぶつぶはチョコレートです)

131201-7.jpg
食べごろになるまで『紙芝居!』
でもみんなクッキーが気になって気になって・・・、

131201-8.jpg
ハイ!出来上がりー!
甘くて香ばしくって、美味しかってです!皆さん夢中で食べておかわりもしていましたね。
食べ終わるとまた途中だったチャレンジを再開し、全部完成した人は記念のピンバッジをもらってご機嫌でした。

http://www.keep.or.jp/place_event/fureai/
2013.12.01 Sunday 15:20 | イベント会場から | - | -

八ヶ岳。お酒とジビエの冬祭り

131124-1.jpg
色鮮やかな秋に別れを告げ、来るべき長い冬の訪れを、みんなと楽しく祝いましょう!
ということで、11月最終日曜日の恒例となった「八ヶ岳。お酒とジビエの冬祭り」も、今年でもう6回目を迎えました。

131124-2.jpg
今年は連休に重なった事もあってか、風も無く穏やかな気候の萌木の村広場に朝からたくさんの方々にお越しいただきました。

131124-3.jpg
11時の開幕宣言とともに、人気のドラムカンピッツァなどのブースには早くも大行列!

131124-4.jpg
ジビエの定番・大鍋のイノシシ汁や生ハムなどのダイナミックなお料理も人気でした。
131124-5.jpg

131124-6.jpg
県内酒店・ワイナリーのブースもズラリと新酒が勢揃い!たくさんのファンの皆さんで賑わっていました。
131124-7.jpg

131124-8.jpg
炉で焼いたジャガイモやマシュマロ等の無料アイテムに、子供たちは目がありません。
131124-9.jpg

131124-10.jpg
けれど最後に注目を奪ってしまうのがこれ、鹿の解体実演。
この人だかり、みんな目が真剣です。
自然の食材がこうした過程を経て皆さんの口に届いているのだという一例を勉強していただきました。

ジビエ料理のお祭りは終わりますが、清里の中のレストランでは冬の間のメニューに地元産ジビエを数多く取り入れています。この機会に、確かな技術で調理されたジビエメニューの魅力にふれてみて下さい。

【清里プチホテルグループ】
http://www.kiyosato.org/
2013.11.24 Sunday 14:59 | イベント会場から | - | -

八ヶ岳ロードレース2013

131027-1.jpg
10月最後の日曜日を飾る恒例イベントが、今年で34回を数える『八ヶ岳ロードレース』。
直前まで危ぶまれた大型台風の影響もなく、澄んだ秋晴れの空の下、全国から集結した2000人ものランナーが紅葉真っ盛りの八ヶ岳高原ラインを走り抜けて行きました。

131027-2.jpg
お子さんを肩車した人や、

131027-3.jpg
動物のかぶり物をした人も、

131027-4.jpg
無事にゴールする瞬間、パートナーとともに笑顔で健闘を称え合っていました。
2013.10.27 Sunday 15:43 | イベント会場から | - | -

八ヶ岳カンティフェア2013

131019-1.jpg
10月19日(土)、あいにく小雨まじりの空模様でしたが、カンティフェア2013の初日はキックオフ、予想以上にたくさんのお客様に詰めかけていただきました。
131019-2.jpg

凍える寒さの中で、元気を与えてくれるのは、やはり美味しい料理ですよね。
131019-3.jpg
シェフが腕によりをかけて仕込んできたとびっきりの料理、
131019-4.jpg
ジュージューと軽快な音を奏でるアッツアツのメニュー、元気と笑顔をいただきます!

131019-13.jpg
イノシシも笑顔!

131019-12.jpg
「美乳牛」と褒められて牛さんも笑顔!

131019-5.jpg
久しぶりに登場の清里星人と会えて笑顔!

131019-6.jpg
イージーサイクルでクイズラリーに出掛けたお客様も笑顔!
(この時はもう雨も上がり薄日が出ていました)
131019-7.jpg

131019-8.jpg
今年初お目見えとなった「スティーブン・フォスター・ストーリー」の素晴らしい歌声に笑顔&大感動!

131019-9.jpg
明けて二日目は、残念ながら焚き火の炎が愛おしい一日となりました。

131019-10.jpg
それでも足を運んで来て下さったお客様に笑顔大放出のラッキーゲーム。会場内宝探しで素敵な賞品をたっくさんゲットしていただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

131019-11.jpg
なお野外ステージで上演予定だったプログラムは、内容を変更して新館ホールでご覧いただきました。写真は若尾バレエ学園の皆様のステージ。こんなに近くで見られてラッキーだったかも...。

寒かったけど、たくさんの皆さんの笑顔に出会えました。来年は青空の下でまた会いましょう!
2013.10.20 Sunday 20:31 | イベント会場から | - | -

第一回八ヶ岳横断トレイルラン

131014-1.jpg
スポーツの秋真っ盛り、晴天に恵まれた体育の日、清里の地区内でも運動会やスポーツイベントが開催されていました。
そして今年初開催となったのがこの「八ヶ岳横断トレイルラン」。サンメドウズ清里ハイランドパークを出発して美し森から林道へ。ミドルコースは天女山を折り返してくる約15km。ロングは遠く観音平を折り返してくる約35kmのコース。
いずれも景色を楽しむ余裕など与えられない過酷なタイムレースですが、200名近く集まった参加者の皆さんの中には、老若男女、実に幅広い層の方々がいらっしゃることに驚きました。

131014-2.jpg
スーパートレイルやグランフォンド、そしてこのトレイルランと、近年八ヶ岳の自然の美しさや険しさを生かした様々なスタイルの競技やイベントが生まれて来て、新たな楽しみ方を求めて清里を訪れて下さるゲストの方々も、確実に増えています。

131014-3.jpg
2013.10.14 Monday 15:45 | イベント会場から | - | -

グランフォンド八ヶ岳2013

131006-1.jpg
今年のグランフォンドの幕開けは、富士山と南アルプスを一直線につなぐゴールテープのような見事な雲海が参加者の皆さんを祝福してくれました。

131006-2.jpg
とは言え、ポールラッシュ博士もこんな一度にたくさんの自転車を見るのは初めてだったのでは。
そう、今年のスタート&ゴールは清泉寮前なのです。

131006-3.jpg
朝焼けの空に轟く号砲とともにスタート。楽しい(?)旅の始まりです。
131006-4.jpg

131006-5.jpg
まだまだ紅葉には早い赤い橋、でも八ヶ岳高原ラインは山あり谷あり、周りの木々も非常に豊かな表情をみせてくれました。

131006-6.jpg
景色も楽しみたい反面、そろそろクエン酸の助けが必要になってきた第二エイド付近。

131006-7.jpg
心配ご無用!とばかり、補給を済ますとこの元気サインが見られます。

131006-8.jpg
途中また笑顔がぎこちなくなったり挫けそうになった時には、ガールスカウトの皆さんや

131006-9.jpg
地元の経験豊かな奥様方や

131006-10.jpg
親子丸ごと面倒みてくれる勧め上手なお姉さん、

131006-11.jpg
道端の花たちにも励まされ、

131006-12.jpg
何とかフィニッシュラインを越えた瞬間、自然に拳が上がるのでした。

131006-13.jpg
レース後のとん汁についつい七味が多めにはいっていまうのは、疲労のせい?それとも女性陣のもてなしに圧倒されて?

「グランフォンド八ヶ岳大会」はタイムレースではありません。過酷ながら風光明媚な山岳コースを走破すると同時に、地域住民の皆さんのあたたかみに触れる"小旅行"でもあるのですね。
参加者の皆さん、お疲れさまでした。
陰日向に大会を支えて下さった関係者の皆さん、本当にご苦労様でした。
2013.10.06 Sunday 16:11 | イベント会場から | - | -

チーム清里感謝祭2013

130928-1.jpg
お日様が少し眩しくもある秋晴れに恵まれた9月最後の土曜日、小須田牧場では恒例のチーム清里感謝祭が開催されました。

130928-2.jpg
イベントスタートと同時に、焼き鳥や焼きそば、焼き芋・綿菓子にポップコーンと、お目当ての出店がみるみる内に人だかり。

130928-3.jpg
お肉だけじゃないよ、秋の味覚の王様・新鮮なサンマの丸焼きだよ!

130928-4.jpg
どうですか、美味しそうでしょ!

130928-5.jpg
と、例年通り飲食ブースやバザーのテントに囲まれた広場のすぐ隣に、今年はあの「モーガン」の愛好者の皆さんがイベントを開いておりました。

130928-6.jpg
関連グッズのお店もなかなかの賑わいでした。

130928-7.jpg
"賑わう"と言えば、感謝祭恒例のじゃんけん大会は今年も大盛り上がり。
写真の中の子供たちは上位入賞者、そして抱えているお菓子の箱は全て商品です!

130928-8.jpg
恒例になっているのはこちらの髪の長い人達も。たいこを叩きながら会場内を練り歩きます。

130928-9.jpg
今年は新たな試み。たいこをBGMに、八ヶ岳を舞台にした獅子舞の寸劇をご披露。
とにかくアツイんですよね。

130928-10.jpg
アツイ、そうこちらは火力が強すぎてアツイ!(こんなに燃やす必要あるのか?)
やけどするなよー。

ちっちゃい子からおじいちゃん・おばあちゃんまで、地元の人から観光のお客様まで、車好きに酒好きにお祭り好きが朝から晩まで、参加者を選ばないチーム清里祭り。さて来年はどんな人たちを飲み込んでいる?
2013.09.28 Saturday 17:34 | イベント会場から | - | -

スーパートレイルがスタート!

IMG_2759.jpg
「OSJ八ヶ岳スーパートレイル100マイルレース」の100kmコースが、朝8時の清里ハイランドパークを舞台にスタートしました。100km先の蓼科のゴール目指す過酷なレースのスタートは、意外にも皆さん晴れやかな表情が目立ちました。それもそのはず、レースを引っ張るのはこれまでの歴戦で上位の実績を誇る猛者たちです。

IMG_2784.jpg
400名にものぼるランナーたちが、このあと「スーパートレイル」と呼ばれる所以にもなっている"非舗装地帯"へ分け入って突き進みます。さあ、どれほどの人数が八ヶ岳南麓の大自然と絶景を楽しむ事ができるのでしょうか?そしてその先のチェックポイント、フィニッシュ地点にたどり着けるのは果たして何名いるのでしょうか?

IMG_2836.jpg
兎に角、このレースを皮切りに、八ヶ岳をバックに開催される秋のレースイベントが今後も目白押しです。どうぞ、ご期待下さい!
2013.09.07 Saturday 20:11 | イベント会場から | - | -

"イージーサイクル"体験会より

この夏より導入が開始された電動アシスト自転車「八ヶ岳イージーサイクル」の魅力を一般の皆様にもお試しいただきたい、という主旨でお昼を挟んだ一日コースの体験ツアーが催されました。
130809-1.jpg
天候にも恵まれて、ペダルを踏む参加者の皆さんの足もすこぶる軽いです!

130809-5.jpg
午前中は野辺山まで足を延ばしました。

130809-2.jpg
午後は清里の牧場通りを。

130809-3.jpg
アップダウンの続く林間コースだってスイスイ!

130809-4.jpg
最後はゴールの清里駅前で集合写真。
ご参加いただいた皆さんにはたいへん好評をいただきました。また、道中停車していると他のお客様にもことのほか興味をもっていただき、『今度ぜひ利用したい!』というご意見を多数伺うことが出来ました。
ツアー終了後に皆さんに書いていただきましたアンケートは、今後の運用に役立たせてまいります。
たくさんのご参加ありがとうございました。
※体験ツアーは8月23日(金)にも開催予定です。お申し込み・お問合せは清里駅前観光総合案内所「あおぞら」(TEL. 0551-20-8000)まで。
2013.08.09 Friday 17:12 | イベント会場から | - | -