清里観光振興会
清里観光振興会

標高1,200mのフィールド、清里高原。
八ヶ岳ブルーの空に包まれにきませんか

清 里 高 原

標高1,200メートルのフィールド、八ヶ岳ブルーの空に包まれにきませんか

清里駅前C56メイクアッププロジェクト

日本唯一の高原鉄道、小海線。清里駅前のC56を修復し後世へ

C56
メイクアッププロジェクトとは?

日本でここだけしかない高原鉄道、JR小海線。

当時のC56

信州小諸と甲州小淵沢を結び、八ヶ岳の雄大な姿を望みつつ高原ののどかな景色の中を駆け抜けます。かつて鉄道好きな少年と少年の心を忘れられない大人達は C56が牽引する高原列車の旅を楽しんだり、八ヶ岳連峰をバックに雄大な八ヶ岳南麓とC56を写真に収めたりと、C56は八ヶ岳高原のアイドルでした。そんな高原鉄道のアイドルも国鉄無鉛化の波で1972年小海線の通常運用から消えてしまいました。

現在小海線沿線で保存されているC56はたった5両。C56 149号機は、露天での保存と手入れ不足のため、一度は解体寸前まで荒廃しましたが、奇跡的に再整備された蒸気機関車です。

しかし、その後の定期的修復もなく10年経とうとするこの頃、再び錆が浮き塗膜が剥がれる状態になってしまったのです。急勾配の小海線で住民の足となり、リュックを背負った山男達を運び、この地域を支えるために奮闘したC56。その姿を守り続けたいとの思いでこのプロジェクトを立ち上げました。どうか皆様の温かいご支援をお願いいたします。

2009年

C56の保存

たかね荘

現在C56は小海線沿線に小諸、中込、野辺山、清里、小淵沢と五両の静態保存がされています。 C56 149号機も運用が終わってから、当時の山梨県北巨摩郡高根町の美しの森たかね荘というキャンプ場に静態保存されていました。しかし露天での保存と手入れが行き届かず錆が進行し解体寸前まで荒廃した状態なりました。

たかね荘

市町村合併で北杜市となった時、清里駅前ロータリー再開発事業の一環で、現在の清里駅前の展示場が新設されました。解体寸前だったC56149号機は、奇跡的にこの場所に展示されることとなりました。2009年7月に移送・整備され、展示が始まりました。


2009年
2009年

展示による復活から10年、屋根付きの展示場とは言え風雨と強い高原の紫外線にさらされ、また寒暖の差が多く再塗装された機体も塗装がひび割れ、剥がれ、錆が目立ってきました。その姿を見て、先々の修復が再び困難になってしまうことを地域の鉄道ファン、観光振興団体が心配し、管理している北杜市と再整備について協議してきました。そして今回、北杜市からも塗装整備の協力を得ることができたのです。

北杜市は北杜市ふるさと支援寄附金(ふるさと納税)の活用方法の項目にこのC56 149の修復を揚げています。

北杜市ふるさと応援寄附金の活用方法

2009年

プロジェクトについて

2019年

北杜市からも塗装整備の協力を得ることができたことをきっかけに、2019年11月10日鉄道ファン、C56ファンなどボランティアの方々によって最後の仕上げを行うイベントを開催することとなりました。

今回の修復が終了するところで鉄道ファン、C56ファンも参加して竣工を皆で盛り上げるイベントを通して将来へと繋げていくプロジェクトです。清里駅前C56メイクアッププロジェクトはこうした単なるペイントイベントではなく、『清里駅前C56みんなでメイクアップ』のイベント2日間を通して、多くのC56ファンや住民、子供たちと共に盛り上げ、末永く小海線を大切に思い、利用し、将来の子供たちにも語り継げることを願うイベントです。


C56
イベントスケジュール

清里駅前でC56を修復塗装・竣工式イベントを開催!

日時:2019年11月10日(日)

全体的な修復塗装はプロフェッショナルによる作業で10月より開始されます。このイベントでは清里のシンボルの一つでもありますC56に親しんでいただくために、一般の方々にも部分的な修復塗装に参加していたたくことが出来ます。SLの塗装なんて、なかなか出来る機会などありませんよね。ぜひこの機会にご参加ください。

修復塗装への参加方法は下記のクラウドファンディングで「塗装参加券」付き返礼品をご購入ください。

詳細は決まり次第お知らせいたします。

画像

只今計画中のイベント内容

クラウドファンディングでご支援いただけた場合、下記のような内容も実現化されます。つまり、クラウドファンディングが成立しなかった場合は実行出来ないということなのです!是非、ご支援よろしくおねがいします。

画像

清里駅〜中込駅往復の小海線の記念貸切列車を運行予定!中込駅では成知公園(旧中込学校)に静態保存されているC56 101を見学。C56特製駅弁付き。

画像

写真家で鉄道研究家の故塚本和也さんの作品が載る鉄道ファンには貴重な一冊ではないでしょうか。


画像

「萌木の村レストランROCK」の大人気地ビール「タッチダウンビール」に特別ラベルにて限定販売!

画像

清里駅前のC56をプロジェクションマッピングで走らせよう!現役当時の姿を見にタイムスリップ・・・


上記の内容は変更する場合もあります。予めご了承ください。

C56
クラウドファンディング

応援よろしくおねがいします。

C56

C56の修復塗装イベントを開催するにあたり、もっと皆様にこの小海線を走っていたSLを知っていただくために、またこの偉大な先人たちの作り上げた鉄道の面影を後世に残すために各種プログラムを計画中です。北杜市からも協力をいただく中、クラウドファンディングを立ち上げ、多くの小海線ファン、八ヶ岳ファン、地元の方々などに協力をお願いすることになりました。下記の専用ページをご覧の上どうぞご協力ください。

インターネットでのクラウドファンディング(寄付)が困難な方は現金にてお受けすることが可能です。「清里駅前C56メイクアッププロジェクト実行委員会」事務局より振込みのご案内をいたします。
電話:0551-48-2200 またはFAX:0551-48-2179

返礼品の紹介

    返礼品の1例です。ほかにも様々な返礼品もございます。詳細はクラウドファンディングのページをご覧ください。

    企業様向け「C56メイクアッププロジェクト」協賛金もこちらのページで受付ております。

  • 塗装参加券(大人1名付き)、記念貸切列車乗車券(特製限定駅弁付き)、清里宿泊クーポン、【限定】C56ラベルタッチダウンビール(6本)、ポストカード、カレンダー、記念誌のセット
  • 記念貸切列車乗車券(特製限定駅弁付き)
  • カレンダー、ポストカード、記念誌のセット
クラウドファンディングQRコード
C56

C56

クラウドファンディングによるご支援いただきました企業様。
誠にありがとうございました。


  • 株式会社 清里の森管理公社 様

  • 公益財団法人キープ協会 清泉寮 様

  • 株式会社 アルプス 様

  • 株式会社 丸政 様

  • 八ヶ岳 グレイスホテル 様

  • C56
    オリジナルグッズ

    ポストカード販売中です!

    C56の写真で知られた写真家で鉄道研究家の故塚本和也さん。その素晴らしい作品は鉄道ファンの宝です。当プロジェクト推進の資金とするために、ご遺族から写真使用の許諾をいただきました。八ヶ岳、清里観光の記念に、小海線乗車の思い出に、そしてC56 149を美しい姿のまま後世に伝えていくためにお求めください。



    清里駅前観光総合案内所「あおぞら」にて販売しております。

    販売価格:5枚セット¥700(税込)

    画像
    C56
    協力

    [主催]

    清里駅前C56メイクアッププロジェクト実行委員会
    事務局・お問い合わせ:山梨県北杜市高根町清里3545 清里駅前観光総合案内所「あおぞら」2F NPO法人 清里観光振興会 TEL.0551-20-8000


    [共催]

    (一社)八ヶ岳ツーリズムマネジメント、NPO法人清里観光振興会


    [後援]

    北杜市、北杜市教育委員会、北杜市観光協会、東日本旅客鉄道(株)長野支社小海線営業所、他


    [協賛]

    山梨県立大学、他


    [協力]

    小海線C56を愛する会、八ヶ岳ネットワーク、八ヶ岳ミュージアム協議会、他


    画像提供:塚本 和也氏・(公財)KEEP協会 ポールラッシュ記念館    本ページ内の写真などの一切の無断転載を禁じます。